ESG/サステナビリティ

サステナブルな未来のために
私たちができること

ESG/サステナビリティについて

グランディハウスグループは、住まいと街づくりを通して、サステナブルな社会の実現に向けた課題に取り組んでいくことが使命だと考えています。この考えの下で、ステークホルダーの皆様とともに、環境・人・社会の重要な課題解決と、中長期的な企業価値の向上に取り組んでまいります。

1. サステナビリティの基本方針と推進体制

(1) サステナビリティに関する基本方針

当社グループは、「真摯に挑戦する」の社訓のもと、快適で住みやすく安心して暮らせる住まいのご提供を通じて、豊かな社会の実現に貢献するため、ステークホルダーの皆さまと協働して、持続可能な社会の形成及び持続的な企業価値の向上を目指します。

環  境

企業活動、事業活動を通じて、社会経済活動と環境保全の両立を図ります。

社  会

すべてのステークホルダーとの間で良好な関係を構築し、適切な協働に努めます。

ガバナンス

公正かつ透明性の高い経営を実現させるとともに、情報の開示に積極的に取り組みます。

(2) 推進体制

サステナビリティ経営をグループ全社で横断的に推進するため、取締役会の下に社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」を設置しています。
「サステナビリティ委員会」は、原則として年2回以上開催され、「環境」「社会」「ガバナンス」の観点からサステナビリティに関する各種方針の策定、重要課題の特定、指標・目標の設定、各種施策の立案・進捗管理などを行い、委員会で審議した事項は取締役会に付議・報告される体制としています。

2. 当社グループの行動基準(規範)

当社グループは、サステナブル経営を推進するために役職員の行動基準として、次の4つの方針・行動基準を定めております。

(1) 人権方針

「誰ひとり取り残さない社会」を実現するため、すべてのステークスホルダーの人権を尊重することを、「人権方針」に定めております。

(2) 環境方針

環境と経済が調和のとれた社会の実現に貢献するための事業活動の指針として「環境方針」を定めております。

(3) サステナブル調達方針

持続可能な社会の実現に向け、責任ある調達を実践するために「サステナブル調達方針」を定めております。

(4) 社員行動基準

当社グループの役職員の一人一人が、法令や社内規則はもとより企業倫理を十分に理解し、信頼される会社であり続けるために、その指針として「社員行動基準」を定めております。

3. ESGの取り組み

当社グループの環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の分野別の課題は、次の3区分11項目に特定しています。

区分 取り組み 具体的な項目 具体的な項目
環境
(E)
  • 気候変動とTCFDについて
  • ガバナンス
  • 戦略
  • リスクマネジメント
  • 指標と目標
  • 木材の調達
  • 自然と調和した家・街なみづくり
  • 国産材の使用状況
  • 資源の有効活用について
  • 資源循環
  • 水資源保全
  • 土壌汚染等の対応(用地取得・造成)
  • 化学物質の適正管理と削減(建物施工)
  • アスベスト等の適正処置
社会
(S)
  • 安心と安全の家づくり
  • 快適で健康な住まい
  • 永く住み続ける家とサポート体制
  • 女性の活躍推進
  • 障がい者雇用の推進
  • シニア人材の活躍推進
  • 仕事と育児の両立支援
  • 健康経営
  • 研修体系
  • 資格取得の支援
  • 人権方針
  • 主な取り組み
  • 次世代の育成
  • 防災・災害支援
  • 地域のスポーツ・文化振興
ガバナンス
(G)
  • 基本的考え方
  • コーポレート・ガバナンス体制
  • コーポレート・ガバナンス報告書

ページの上部へ戻る