働き方改革

当社グループは、働きやすい職場環境づくりを目的に、育児・介護関連制度の改善や、「労働時間削減委員会」「女性活躍委員会」を置くことで女性活躍推進、時間外労働の削減などに取り組んできました。引き続き、ワーク・ライフ・バランスを実現し、社員のモチベーションと生産性の向上を目指してまいります。

仕事と育児の両立支援

仕事と育児の両立支援制度の整備や、男性社員の育児休業取得の推進など、男女ともに仕事と生活の調和の取れた働き方ができる環境を整えることで、意欲ある社員がキャリアを失うことなく働き続けることができる環境づくりに取り組んでいます。

仕事と育児の両立支援制度

産前産後休暇産前は6週間、産後は8週間取得することができ、法定を超えて、休暇中は会社が給与を全額補償する制度を導入しています。
育児休業原則として子が1歳に達するまで取得できる制度です。
男性の育児休業取得を推進しています。
短時間勤務制度所定労働時間7.5時間を6時間まで短縮する制度です。
制度を利用できる期間を、法定の「子が3歳まで」を超えて、「子が小学校就学前まで」に延長しています。
短時間正社員制度育児や介護、健康上の理由等、フルタイム勤務が難しい社員は、短時間正社員へ転換することができます。所定労働時間7.5時間を3時間まで短縮できる制度です。
再雇用支援制度育児や介護、配偶者の転勤等で、やむを得ず退職することになった社員が、退職理由となった事情が解消し、継続的に勤務できる環境が整った場合に、復職を支援する制度を導入しています。

男性社員の育児休業取得の推進

男性社員の育児休業制度を、定期的に社内に通知し取得を推進します。育児休業を希望する社員には、人事部門の担当者が個別に制度や休業中の生活等の説明、相談等を実施し、安心して育児休業を取得できるよう努めています。

育児休業取得実績2019年度2020年度2021年度
男性取得人数3名0名2名
取得率21.4%0.0%22.2%
女性取得人数5名4名6名
取得率100.0%100.0%100.0%

次世代育成認定マーク「くるみん」の取得

「仕事と育児の両立」や「多様な働き方の実現」を目的とした「次世代育成支援対策推進法(※)」に基づき、行動計画を策定し取り組みを実施してきた結果、2020年5月に「子育てサポート企業」に認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。
※「次世代育成支援対策推進法」は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境を整備するために、国、地方公共団体、企業、国民が担う責務を明らかにし、2005年から施行されています。

長時間労働の削減と年次有給休暇取得の促進

当社グループは、ワーク・ライフ・ バランスを推進するため、長時間労働の削減と年次有給休暇取得の促進に取り組んでいます。

法定外労働時間2019年度2020年度2021年度
220.8H177.6H178.8H
年次有給
休暇消化率
2019年度2020年度2021年度
73.8%58.6%64.9%

健康経営

当社グループは、社員一人ひとりが、心身ともに健康で、持てる力を最大限に発揮することが、企業の継続的な成長につながると考え、健康経営を推進しています。健康診断やストレスチェックの実施と結果に基づくフォロー、産業医と連携などの体制を整備しています。また、毎月「衛生委員会だより」を発行し、早期発見と治療の重要性や日常の健康管理に関する啓蒙を行っています。

健康診断の実施

定期健康診断の法定項目を上回る検査を実施し、3年に一度は全社員が人間ドックでの健診を実施しています。健康診断の受診率は100%を継続しています。

健康診断受診率2019年度2020年度2021年度
100.0%100.0%100.0%

ストレスチェックの実施

近年、心のケアの重要性が高まってきており、ストレスチェック等を活用してメンタル面での健康づくりを推進しています。ストレスチェックは、必要事業所において年1回実施しております。受検率の向上と高ストレス者の医師の面接指導等を積極的に推奨しています。

ストレスチェック
受検率
2019年度2020年度2021年度
96.7%96.9%97.4%

健康相談窓口の設置

社員の健康障害防止や健康保持増進のため、健康全般に関する相談窓口を設置しています。衛生委員が産業医と連携して対応し、社員の日々の健康管理をサポートしています。

ページの上部へ戻る